家族・兄弟でポイントをシェアできる 「ファミリーユース」

家族・兄弟で一緒にグループレッスン、個別にレッスンなど、使い方いろいろ!「ファミリーユース」の種類

1.「ファミリー同伴レッスン」…ご家族、またはお友達などがご一緒にレッスンを受講できます。2.「ファミリー個別レッスン」…ご家族・お友達が個別にレッスンをご受講できます。
兄弟・家族でファミリーユースされる際のご注意

1. ファミリー【同伴】レッスンは、通常のチケットをそのままご使用いただけますが、受講される複数の方の個別のレッスンの履歴やフォローの面で、通常のお一人様でのご利用の場合と比較して、どうしても、それなりの差が出てしまうことがあると思われますので、予め、その点にご理解を賜りますようお願いします。 2. ファミリー【個別】レッスンの場合、同じ時間帯で別々のレッスンを予約し、受講することは出来ません。 3. ファミリーユースのレッスンをお受けいただくときには、「レッスンへの要望」の登録項目の「その他のご要望」欄に、次のような内容の記載をお願いします。 何れも、お二人でご利用の例ですが、三人でご利用の場合は、三人目の方も併記ください。

(1) ファミリー【同伴】レッスンの場合 例1: Family accompanied lesson. We are mother and my son, Name A and B. Registered information are based on my son age 6. 例2: Family accompanied lesson. We are good friends. Name C and D. Registered information are based on myself C. (2) ファミリー【個別】レッスンの場合 例1: Family individual lesson. We are mother and daughter, Name A and B. Registered information are based on my daughter age 12. 例2: Family individual lesson. We are good friends. Name C and D. Registered information are based on myself C.

4. レッスンで使用する教材について、ファミリー【個別】レッスンの場合、それぞれの教材の種類を、次のような要領でご登録ください。

(1) まず、「レッスンへの要望」の登録項目の「レッスン形式」で、「◎テキスト教材を使用する」を選びます。 (2) 次に、「ご希望のレベルと教材名」は選択しないで、「選択されたテキストのご希望のページなど英語でご記入ください。」の欄に、次のような記述でご登録ください。 例: Please use textbook for each of us; "Side by Side 3" for mom "A" "Side by Side 1" for my daughter "B"